出会い日記を読むべし!

出会いは日常生活、特に仕事から始まる

出会い系のサイトが増えているとはいえ、そのようなサイトを使う危険もありますし、出会いは自然な形でと思っている人も多いのではないかと思います。もちろん家にいてはその出会いもありませんので外に出ることで出会いが起こることになります。

 

それはなにげないスーパーマーケットでの買い物、また駅やバスの中、そして街を歩いていると出会いがあることがあるのです。店員との商品の説明などの話を聞いている時や、なにかの用事で出かけたときに出会いは起こります。

 

その中で最も出会いが多いのはやはり職場になります。仕事をすることで会話し、相談し、親しくなるのです。その中で恋に発展することもとても多いのです。特に残業などで遅くまで残って仕事をしていると多くの人は帰宅に向かい、事務所などは少人数になっていきます。気がつくと男女ふたりきりになることもあるかもしれません。そうしたことでお互いを意識するようになり、急接近できるかもしれません。その後食事など一緒に行こうと誘うならばさらに成功する可能性が高まっていきます。

 

多くの人はお金を稼ぎ、生活のために仕事をするのですが、同時に独身であるならば仕事場での出会いを求めることも少なくないのです。

ネットは新たな男女の出会の場です

今は、出会いが無いという言葉は通用しなくなってきていると思います。パソコン持っていなくてもスマホなどでインターネットを使えるのなら、SNSやいろんなサービスでいくらでも男女の出会いの機会があるからです。

 

ネットで知り合うことに否定的な人がいますが、私は肯定派です。メールは手紙でもありますし、とすればメールから始まる出会いは昔でいう文通のようなものとも、美化してしまうとそう思えます。ネットの中だけで終わらせようとするのがあまり良くないだけで、ネットを通じて知り合ったことをきっかけにして実際に会えばなんの問題もありません。

 

例えばバイトや仕事先で知り合う人は、同じような価値観や似たようなものの考え方をする人でしょうし、近所や自分の行動範囲内でしか無くて、それらを出会いの全てとしてしまうのはもったいないです。外国語が出来れば海外の人とも繋がることができる現在です。ネットなら行動範囲が格段に広がり、価値観や考え方が似たり寄ったりでかたまってしまうことも無くなります。例えば運命の人が必ず自分の近所にいるとは限りません。または国内にいるかどうかもわからないのです。

 

新たな男女の出会いとしてネットは有効です。本人にその気があればどこででも出会える幸運な世の中になったと思います。

出会い系サイトも意外とアリです

出会い系サイトでの男女の出会いというと、危険だとか敬遠されがちですが、私は意外とアリだと思っています。私は、今の旦那と出会い系サイトで出会いました。今からもう10年も前の話ですが、何の気なしに登録したサイトで今の旦那と仲良くなり、直接会って仲良くなりました。

 

会う前に数カ月間メールなどもしていたので、実際に会ったときにも違和感などはあまりありませんでした。こうした出会いなどもあるので、出会い系サイトでの男女の出会いもありのような気がします。

 

ただ中には、ちょっと変わった人もいるので、気をつけなければいけません。実際、旦那に会う前に連絡を取って会った人は、若干ストーカーの気質のある人で、かなり対処に困った事もあったので、注意が必要かもしれません。私の住んでいる地域は、田舎なので、都会などのようにあまり出会いの場などもなく、異性と知り合う機会自体がありません。こうしたところでは、出会い系なども有効な出会いのツールのように感じます。

 

6歳も歳が違うので、こうした機会でもなければ、今の旦那と結婚する事もなかったと思います。あくまでも最初の出会いのきっかけが、出会い系サイトだったというだけであって、良い人と出会える可能性は、あるので私個人としてはおススメです。